SEO内部対策

SEO 対策で重要な 内部対策を細かく見ていきましょう。SEOの内部対策では以下の 3種類のタグが非常に大事です。
①title…. /title
サイトのタイトル表示を命令するタグです。「・」の部分にタイトルが入ります。この部分が最重要項目です。この「・」が、検索結果画面で表示される。一番左側に対策ワードを入れましょう。
最も重要なタイトルタグは簡潔・的確に30文字前後で作りましょう。
では、これらのタグの設定上の注意点を説明しましょう。 まずはタイトルタグ <title> •••• </title> です。タイトル タグは PC サイトの SEO 対策でもいちばん効果が高い部分として知られていますが、携帯サイトで、はいっそう重要度が増します。
というのも、携帯電話の小さい画面では、一度に多くの情報が目に入らないため、タイトルの良し悪しによってアクセス数が上下する確率がより高いからです。したが って、簡潔かつ的確なタイトルを設定する必要があります
またタイトルは、トップページだけではなくサイト内の全ページ のソ ースに設定してください。 トップページと 一言一句同じではなく、サブタイトルなどを加えて変化をつけるのも効果的です。

② <meta name=”keywords” content=” ・・・・”>

「キーワード」を検索ロボットに知らせるためのタグです。 「.」 の 部分にサイトのキーワードが入り、複数の場合は間にカンマ 「, 」を入れて区切ります。実は、キーワードタグは、SEO内部対策では必要なくなりました。Googleは見ていません。
③ <meta name=”description” content=” ・・・・・・”>

「サイトの説明文」を検索ロボットに知らせるためのタグです。 「.」の部分に説明文が入ります。この「・」が検索結果画面で表示されます。120文字前後で文章を構築しましょう。

ちなみに、これら先頭に“meta” と付くタグは「メタタグ」と呼ばれます。このメタタグの設定を適正化すれば、タイトルタグほどではないにせよ、相当な効果が得られます。ただし、タイトルが良くても、この部分の内容を見てアクセスを避けるユーザーも少なくないので、表現には注意が必要です。

メタディスクリプションはタイトルタグと同様に検索結果にそのまま表示されるので、ユーザーの気を引きながら、かつ簡潔な表現を心がけることが大切です。
なおメタタグの場合は、「キーワード」も「説明文」も前半に記述されている内容が重要視される傾向があるので、検索ロボットやユーザーに真っ先に伝えたい事項やキーワードは、必ず前半部分に記述するようにしましょう。 そして最も重要なポイントは「タイトル タグ」と説明文を設定する “description” に、必ずキーワードを挿入すること。つまりタグの内容のすべてに単語を滑り込ませておくことです。これによって 3つのタグが 1本の線でつながり、検索ロボットの認識を助けることにつながるのです。
最後に、これ以外の注意点をあげておきます。
携帯サイトでは、ファイルサイズの制限や使用可能なタグが限られています。 しかも対応するタグの種類や制限、 javaScript (サイトに動きや 対話性を付加するプログラム言語)やCSS (サイトの視覚的構造を定義する規格)の実装の可否は、各キャリア・機種ごとにまちまちです。自分のサイトで使用しているタグが各社のサイトにある「公式技術情報」に公開されているタグと合致していない場合、その内容がサイト表示に反映されません。したがって本来は、 SEO対策もキャリアによって変える必要があるのです。 とはいえ、ドコモ、 au 、ソフトバンクのすべてに対応するサイ
トを作る方法がないわけではありません。答えは簡単です。ドコモ対応のタグだけを使えばいいのです。というのも、ドコモに対応し ておけば、 au やソフトバンクでもそれ相応に表示されるからです。 もちろん、 3キャリアのそれぞれに対応するサイトを構築するのも一つの手ですが、ソースのメンテナンスに手聞がかかり、肝心のサイトの中味がおざなりになってしまっては本末転倒です。