SEO(検索エンジン最適化)対策として、Webサイトのコンテンツ構築時に検索利用ユーザーの検索クエリ(検索欄に入力される言葉群)をよく検討しておくことが重要と言われています。最初に想定されるキーワードをスタートに、Google広告のキーワードプランナーなどを使って検索率の高い関連キーワードを調査したり、共起語(関連する語)などから本質的な検索意図を探ることも同様です。特に、共起語については、将来的に新たなコンテンツとして加えてもいいと考えられるような「潜在的」な意図を掴む手助けとなる場合があり、貴重な参考資料と言えるでしょう。ここでもう少し潜在的な意図と考えられそうなものをどのように探し当てるか想定キーワードで説明していきたいと思います。まず、ベースとなるキーワードとして「フットサル」を想定し話を進めたいと思います。このキーワードから派生する言葉に「個人参加」「初心者」「ジャージ」「サッカー」などが挙がってきます。そしてその共起語としてツールなどで調べると、「大会」、「受付」、「料金」、「募集」、「ショップ」、「登録」、「リンク」、「JFA」などが挙がってきます。この中で「個人参加」などは、どんな形で「フットサル」したいのかの「動機付け」とも考えられることに気付きます。同じように、「初心者」というテーマも新たに盛り込んで「フットサル」に紐づけていくと「ルール」であったり「攻め方守り方」といった競技方法へも展開が可能と言えるでしょう。あるいは、「フットサル」と「ジャージ」の間を考えると、購入したいので近くにどんな「ショップ」があるのか知りたいといった意図も読めてきます。このようなことは、共起語に限らず、ベースとなるキーワードから四方八方に展開されそうな項目をうまく捉えることにより、より一層のコンテンツ充実が図られていくでしょう。それは結果的に検索順位表示の上位に繋がっていくと言ってもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です