世界的に見ても、RPA導入は主に「保険業界」や「金融業界」を軸として推進してきたと言っても過言ではないでしょう。こう言った業界の特徴として、二重確認や、人が時間を割かなければならないと言った確認作業や処理といった業務が多いことが挙げられるのではないでしょうか。この2つのような業界では、昔から契約申し込み、契約変更といった様々な手続きがそれぞれの案件で多数のパターン発生することから、その処理には、多くの時間と手間がかかってきたと言えるでしょう。このような手続きに人を取られ、永遠に処理が続くのではないかと思われる就業時間から人材を解放するため、RPAを導入し、人の行なっていた作業を代替することで、今までどうにもならなかった残業や過労と言った問題から人材を解放するという動きが、近年多く見られているのではないでしょうか。そして、解放された人材は、経営のために再配置し、より健全な就業を可能としていると言えるのではないでしょうか。消費者と一対一で対応が必要となってくる部門などでは、対応ももちろんですが、情報の処理パターンもある程度予測できるものが多いとも言えるでしょう。似たような事務処理方法で仕事が進む場合、その件数が大量であればあるほど、RPAにはもってこいの現場であると言えるでしょう。このように、上記2つの業界で形成されたスタイルを活用し、同じような事務処理の多い業界を主な適用範囲としてRPAは急速に普及していると言えるでしょう。大前提として、RPAを導入すべき業務というのは、業務を行う上での判断基準が単純であることと、その処理情報が多いというものが適用範囲であると言えるでしょう。対象データをデジタル変換しておけるようなものであれば、その効果はさらに期待できるとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です