少し前までの時代は、ページ数が多いサイトというのがSEO的には有利として働いていたようです。しかし、
近年では、ページ数が多くても、その品質が低いページで構成されているサイトが多くなってしまい、検索エンジンからの評価というものが重要になってきているといえるでしょう。このような質の悪いページばかりで構成されたサイトの評価というのは、上がるどころか、ガイドラインの違反行為として認識されてしまい、検索結果の順位に大きな打撃を与えてしまう恐れがあるようです。最悪の場合、インデックスからも削除されてしまったりということもあるようなので、内容が重複してしまうように思えるページなどへは、適切な対処を施しておくべきと言えるでしょう。内容の重複してしまっているかもしれないページを意図的に量産するといったことはないでしょうが、ページを更新していくなかで、気づかないうちに似たような内容になってしまっているというケースは多いのではないでしょうか。
知らず知らずのうちに違反行為とみなされないためにも、どのようなパターンが重複ページとしてみなされてしまうのか調べておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です