【設定するキーワードの方向性】
サテライトサイトによるアクセスの集め方は、大きく分けてふたつあります。
ひとつは、メインサイトでアクセスがあるキーワードを、さらにサテライトサイトでも使うという、増強するような集め方。もうひとつは、メインサイトでは拾いきれなかったキーワードを補うような集め方です。
サテライトサイトのドメインは、メインサイトのドメインと別にしたほうがよいでしょう。
サテライトサイト自体がコンテンツとして成立していれば、良質な被リンクになるからです。

【外部要因を高める効果】
メインサイトの外部要因として考えると、「リンクファーム」や「リンクの売買」 、「リンクベイト」のようなスパム行為と比べ、明らかにクリーンな被リンクになります。
しかも、関連するテーマで作ることになるので、検索エンジンの評価も良くなります。
サテライトサイトは、メインサイトの外部要因を高める効果もあるのです。

【まちがった被リンクの考え方】
まちがったサテライトサイトを作ってしまう人があとを絶たない理由は、SEO対策の外部要因である「被リンク」に対する考え方の違いに原因があるように思えます。
以前の被リンクの評価が今よりも高かった時代から、SEO対策の知識が進化していない人たちにとっては、被リンクが増えれば上位表示されると思い込んだままになっているのでしょう。
でも実際は、ずいぶん前から被リンクで重要なのは「量」ではなく「質」に変わっています。そのことがまだ浸透していないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です