ページランクの知識を活かし、目標ページのページランクのスコア (評点)が上がりやすいリンク構造にチューニングを行います。

□ページランクを高めるリンク構造

ページランクのスコア(評点)が高く評価されやすいリンク構造は、以下の通りです。

(1) 「ページランクが高く」&「発リンクが少ない」ウェブページから、一方通行の被リンクをもらう

(2)リンクを受けたウェブページが「閉じられたリンク構造」になっている

このページランクの仕組みを、自社のウェブサイトのリンク構造に活かします。但し、閉じられたリンク構造はカップリング係数(α)の数値変更によって、ウェブ、スパムの判定を受けやすいので注意が必要です。悪意がなくても、自然 にウェブスパムと判定されるリンク構造に陥ることがあります。自覚的に外部 ドメインへの発リンクを行う様に心掛けて下さい。

□ウェブサイトのカテゴリ一分類

 ページランクを高めるリンク構造を設計するために、自社のウェブサイトを 4つのカテゴリーに分類します。

① トップページ ② 目標ページ ③ サブページ ④ ブログ

この分類を行うことで、 lつの目標キーワー ドと lつのウェブページが対になっていることがわかります。ウェブサイト全体、またはトップページのみで漠然と複数の目標キーワードを設定するのではなく、必ず目標ページを設定しましょう。

 なお、目標キーワードを増やす場合は、目標ページを増やし、その目標ペー ジに組付くサブページを増やしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です