当然のことながら、今後の検索エンジンはさらにより良いサイトの上位表示を目
指していくでしょう。より良いサイトというのは、文章の質まで計れない以上、あ る程度分量で判断するしかないという面もあります。今後もやはり文章量が大切ということになります。
しかし、リッチコンテンツ(動画、画像、アニメーション)も文章量の次ぐらいに重要です。文章だけの無昧乾燥なサイトでは理解しにくいものになってしまう上、そもそもあまり読む気にならないでしょう。活字離れが進み、あらゆるものが動画やアニメーション、漫画で表現されるようになった現代では文字情報だけでは当然十分ではないでしょう。
従って、やはりリッチコンテンツの採用はお勧めします。これは成約率のアップとSEO上のメリットの一石二長となります。現在の検索エンジンはまだ「動画、アニメーションなのか、ただのパナーなのか」までは正確に区別していないようですが、いずれは区別してくると考えられます。

動画をサイトに導入する上で最もお勧めなのが、 YouTube の利用です。 会社紹介や商品紹介などをYouTubeに投稿すれば、その動画を見てくれる人が 表れます。今後はグーグルの検索結果での動画の露出も増えるため、今のうちに利用しておくのはとても有効です。表示順は再生回数が重要な要素なので、早いもの勝ちです。 題名にはしっかりキーワードを入れて、検索lこ引っかかるようにしましょう。そうすればYouTube 内で検索した人のみならず、グーグル検索からも多くの人が見に来る可能性があります。 YouTubeに投稿したら、その動画を自分のサイトに張ることができます。これで立派に自分のサイトのコンテンツに動画が加わることになります。
これにより、自分の商品やサービスがより理解されやすくなりますし、親近感と信頼性を高める大変有効なコンテンツとなるでしょう。
そこに、体験者が出てきて体験談を語ってもらえたら最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です