日本のネット市場

他の固と比較参照するために、1:1本についても触れておきます。日本のネット普及率は79%と、世界的に見ても高く、アジアにおいては韓国に続いて第2位の普及率を誇ります。オンライン広告費は8.000億円程度で為替が動いていますが100依usドル前後と、一国でアジア全体の4割を占めます。

大事なのは、日本の市場は世界の中でも特殊(発達している)であり、日本の伯例を中心に海外のウェブマーケテイングを考えてはいけないということです。とくに、アジア市場を考えた場合、日本とアジア諸国の間では、オンライン広告市場やブロードバンド普及率に大きな違いがあります。

日本の検索連動型広告

ご存じのとおり、日本の検索エンジンシェアのトップはYahoo!(53.2%)で、Google(37.3%)が追従しています。検索述動型広告は、両方の検索エンジンに出稿するのが基本です。注意したいのは、Yahoo!はGoogleのように全世界共通のプラットフォームではないことです。たとえば、Yahoo! JAPANの広告の特徴として、インタレストマッチやYDN (Yahoo! JAPAN Display Network)と呼ばれるパナー広告のサービスがありますが、これは日本独自のもので海外のYahoo!には存在しません。

また、Yahoo! JAPANのアカウントを使って、他の園のYahoo!広告を出稿することはできません。たとえば、台湾や香港でYahoo!の検索連動型広告に出稿する場合は、各国のYahoo!アカウントを取得する必要があります。Y油oo!JAPANとその他の国のYahoo!は、まったく別物として捉えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です