下の例のように、ユーザー(人間)に対しては見えていない、もしくは見えづらいにも関わらず、検索エンジンのロボットに対してのみに過剰にPRする行為も、スパムと判定される場合があります。

背景色と同色の文字で大量のキーワードを埋め込む(目で判断しづらい擬似色もNG)

目に見えないくらいのサイス、でキーワードを記述する

cssを使いキーワードを見えなくして記述する

隠しテキストを入れた場合の悪いソースコード例は、以下の通りです。

このように文字サイズを極端に小さくすることで、ユーザー(人間)は「SEO対策情報」の文字を見ることができません。これが隠しテキストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です