基本的な記述ルール

大文字・小文字はどちらでもよい

H T M L タグの< > 内の英字は半角あれば原則と して大文字・小文字はどちらでもかまいません ( リンク先や函像のファイル名などは実際の大 文字・小文字に合わせる必要があります) 。例えば bodyタグは[BODY][body][Body] などいずれでも問題ありません。

極論すれば [b O D y ] でもブラウザに対しては問 題ありませんが、読みにくいだけですので、普 通はすべて大文字かすべて小文字で統一します。 タグは大文字、要素とその値は小文字、という のが 1 つの方法で、ソースが競みやすくなると 思います。一方、 H T M Lの後継言語である XHTML ではタグ名はすべて小文字ということ になっています。将来的に移行をにらんで、す べて小文字にするのもよいでしょう。タイプし やすいという利点もあります。本書ではすべて 小文字で表記します。

入れ子関係を正しく

ソースで、 <html> と<html>の聞に <head>- </head><body>-く/body>が、 <head> とく/head>の 聞 に は <title>-</title> が入れ子状に組み込まれています。この 入れ子関係の記述は正しく行う必要があります。 例えば右のように外側のタグの終了タグのあと に内側のタグの終了タグが来るような互い違い の記述をしてはいけません 。

ソースを見やすくする

H T MLではタグの外でなら改行や空白文字の挿入は表示に彫響を与えません。例えば

<htinl><head><title>Sample< ltitle></head><bωy><h1 >HTML</h1></body></html> のように改行せずに記述しても

<html> <head>

</head> <body>

</body> </html>

<title>Sample</title> <h1>HTML<lh1>

のように記述しても表示に影響はありません。 タグの前後での改行、タブ、半角スペース (空白文字と総称します) は自由に挿入できるので、これを利用して適宜改行 : やタブなどを入れて見やすくしましょう。ただし、タグの <P> の間は注意が必要です。要素名と属性名の聞や、属 性を連続して設定する場合は、設定値とその次の属性名の聞には空白文字を「入れなければならない」一方で、要素名 : や属性名などの途中で空白: 文字を入れると正しい解釈ができなくなります。 [<]の直後には空白文字を入れてはいけ ! ません。逆に、 [>] の直前は空白文字を入れても構いませんが、必要のない空白文字は入れないほうが無難です。また、全角のスペースは使わないでください。